キャラカクテルと梅桃と白雛

お久しぶりです、竹内です。Bambooothも正解です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は先日、BAR Blue Wood(店名外部リンク)さんにお邪魔してきました。かの有名な、イメージカクテルのお店です。
実は来店は二度目。一度目はキャラクター個人のイメージカクテルを作っていただき私はこのイメージカクテルの虜になっていたわけです。

さて、今回は梅桃と白雛の吸血鬼コンビで作っていただきました。

感想を読むにあたり、このあたりを押さえておくとわかりやすいかもしれません。

追記より世紀末感想
本業のプライドかなぐり捨てたオタクの妄言なので許してください。


さて。

オーダーの説明を長々と書きますと、「『愛』が理解できない」白雛と、「吸血鬼の中で一番『感情』を理解する」梅桃、の前提の下、『アプフェルバオムに伝う愛』『スノウドロップ』(とその先)を含めた吸血鬼組の顛末を書きました。最初はともかく最期まで。

で、できたのがこちら。

(画像/赤い帯の描かれたグラスにはクラッシュアイスが広がり、ピンクと青の二層になっているカクテルが注がれている。)

ウッ! カワイイ!

鮮烈なの柄が入ったグラスとクラッシュアイスが目に焼きつく、見た目から艶やかさ毒々しさを併せ持った一品。
聞いてみると可愛らしく華やかなリボンにも見えるそのは、2人の耽美でグロテスクな一面ドロドロとした血液の赤にも見える……という、まさに「艶やかさと毒々しさを併せ持つ」という発想から生まれた表現。

と、とんでもねえ、こいつ……できる!! という、強い衝撃が私の身を襲いました。

パッと目を引くクラッシュアイス
砕かれた氷は梅桃の心を砕いた重大な、「白雛の死」。そして器いっぱいの氷は、対等に関わりあう二人きりの世界で完成してしまっているお耽美な関係から受けた、空虚で、「冷たそう」な印象を表現するものだそうです。

以上二点、クラッシュアイスの意図を汲み取ってもう一度ご覧ください。

(画像/照明を受け輝くクラッシュアイス)

すっげえ……キラキラしてやがるぜこいつ……。

さて、愛らしいピンクに見えるカクテル、よーく見てみますとピンクだけではありません。底には澄んだが潜んでおります。

(画像/淡いピンクと済んだ青の2層構造)

青の層は白雛を表現した、後味もあっさりとした柑橘系の爽やかなシロップ、ピンクの層はPASSOÃ(パッソア)なるリキュール。
パッションフルーツを主材料とするそれは、「パッション」、吸血鬼の中の誰よりも情緒を理解する梅桃の熱情を示し、底に澄み、淡泊にも見える白雛のと混ぜ合わせることで『アプフェルバオムに伝う愛』で描いた、梅桃をきっかけにして白雛が情緒を受け入れる(知る)関係性を表現したものとなっているそう。

柑橘のスッキリした爽やかな味パッションフルーツの甘み混ざり合うのもとんでもない効き目

あっ、こりゃ飲む吸血鬼組だわ……。
などと、私は当時本気で思ったわけです。いや、あれは現実だった。

ところでこのPASSOÃ、と、申しますか、英単語passionにはもう一つ意味があることをご存知でしょうか。それは『受難』です。マタイ受難曲が有名ですね。一般的な名詞になりつつありますが、元の言葉といえば神学用語。イエス・キリストが十字架にかけられて受けた精神的、また肉体的苦難)

パッションフルーツ、またその仲間であるトケイソウ(パッションフラワー)の語源は本来、この「受難」という言葉からきており、本来の名前の意味としては「受難の花」、「受難の果実」ということになる。

するとどうでしょう……何故だか2人『痛み』が見えてきませんか……? 
などと、オタク特有のとんでもない深読み考察をしておりました。

 

さてここで一息。……。

混ぜるよ? 混ぜるよ?? はいドーン!

(画像/ピンクと青の層を混ぜ合わせた梅桃・白雛のイメージカクテル)

チェリーが沈んでいるじゃありませんか!!

私知ってる!! 前回こういうの見た!! 知ってる!!
想いをあとに残して死んでしまった人のアレだ!!
(→当時同行したキヅカさんのツイート、リプライツリーによる感想ツイート

白雛の青隠れておりました。もう一つのイメージカラー、ローズレッドのチェリーです。カクテルを飲み切らないと口に入らないそれは、梅桃にひどい傷を残して死んだ白雛を表現したもの。

ピンク混ぜ合わせてっと見えるその姿にもとんでもねえエモが隠されておりました。

 

いや、、とんでもねえ飲み物だった……。

また行きます。


白雛は梅桃に何を残していったでしょうか。
記憶の獣きゅうけつきである梅桃に対する「忘れてください」という言葉、『天より記憶されし海の歌』という名前。

狭く小さな吸血鬼の世界の、対等な友人。